青島ビールの日本版、ミラノで発見!

独特の味わいのある青島ビール。先日も横浜中華街で飲んだばかりなのだが、
その時は、いつもと同じラベルでした。ところが、今日、ミラノで新ラベルを発見。

今日(98年1月6日)、中華スーパー
"TRADING-ZHOU"で買ってきた3本の
青島ビール。

中央が、日本で輸入された新しいラベル
のタイプ(500ml)
今までとは全く図柄が違う。豪華に見せて
いる。日本で瓶詰めされているのだろうか?

右と左が、ミラノの会社(TRADING-ZHOU srl.)
が輸入した従来のタイプ(右:660ml、左:330ml)

今日気が付いたのだが、このスーパーはミラノで
青島ビールを輸入している会社が、直営している
スーパーだったのである。



値段は、左から、Lit.1,500-/Lit.2,500-/Lit.1,900です。

この中華スーパー"TRADING-ZHOU"の所在地は、
Via CANONICA 54, Milano, ITALIA

さて、早速飲んでみました。
”ん、まずい!!”が第1声です。明らかに違います。

まず、薬臭い。そして妙に苦くて薄い。日本のビールに似ています。本当に輸入したのだろうか???
念のため、従来のタイプと飲み比べましたが、やはり全く違う味です。
ミラノで輸入したタイプは、ほのかな甘さが口の中に広がるような独特の特徴ある味がします。
これが青島ビールです。もう2度と、この日本で輸入したタイプは買わないでしょう。


←新ラベル表面
金色をベースに派手になりました。


新ラベル裏面→
メルシャン株式会社が輸入している
ことがわかります。
青島ビールって米が入っていたの
ですね。