パルマでパルミジャーノ・レジャーノの製造工場を見学。 29/Jun/2004

 日帰りでパルマを訪問。かねてから、新の好物のフォルマッジョ(チーズ)「パルミジャーノ・レジャーノ」の製造過程が
見てみたいと思ったのだが、パルマの観光局では「予約が必要だし、郊外にあるから無理!」と、つれない返事。
 しょんぼりと立ち寄ったバールで、琴江がそこの主人に何気なく「この子が、パルミジャーノの工場に行きたがって
いるんだけど見つからなくて・・・」と話したら、「本当に今から行くか?住所書いてやるよ!俺のいとこがパルミジャーノの
工場やってるから。俺はルカ。ルカに聞いたって言えばきっと見せてくれるから!」・・・天は我らに味方してくれた!
イタリアってこれだから大好き! 
 パルミジャーノ・レジャーノの製造工場「CODURO」。隣町Fidenzaにあるこじんまりとしたこの工場に着いたのは、
夕方6時すぎ。親切にも、いとこオルネーラさんは、中を見せてくれ、作り方の一部始終を詳細に説明してくれた。
 奇跡的な出来事だった。

工場内で熟成されている大量の
パルミジャーノ・レジャーノには
圧倒される。
一番右が、オルネッラさん


2年熟成と3年熟成したものを
試食して比べさせてくれた。
年月とともに濃厚になる。
パルミジャーノは固いイメージ
があるが、ここで食べるものは、
比較的ソフトな食感だ。
旨い。
ワインまでご馳走になって
しまった。
なんて親切なのだろう。
Caseificio Sociale 'CODURO'
via Coduro, 10 Fidenza (Parma)
tel. & fax 0524-523-720
入り口にある看板 入り口から見た、工場外観