ミラノのレストラン"CONTE ROSSO"で飲んだワインと食事

16/Apr/98

ミラノの東部、ランブラーテ駅
のそばにあるレストランに、
初めて行きました。
このゾーンは全く来たことが
ありません。
友人の山川さんと田中さん
が誘ってくれたのです。
”魚”と”だちょう”の店と書い
てあるのだ。

この夜のワインは、
BRUNELLO DI MONTALCINO '93
生産者は、COL D'ORCIA

BIONDI SANTIと比べて安いです。
Lit.50,000-

味は、悪くはないし、最後まで
飲めました。(^_^)
渋みはあります。でも、状態は
良かったのではないかな。
これでは、満足はできないけれど....
まだ、若すぎるっていうこともある
でしょうね。
SPAGHETTI ALLA SCOGLIERA(魚介類のスパゲッティ)が、スペチャリタでした。皿が大きい!
3人ともこれを食べました! あらかじめクビから紙のエプロンをかけてくれるサービス付きです。(^^ゞ
おてふきのオマケ付き。味は少し濃すぎるなぁ。しつこいと思う。話題にはなるけれど。

そして、写真を撮るのを忘れてしまったのだけど、私だけ、FILLET DI STRUZZO(だちょうのステーキ)を食べました。
これは旨い! 淡泊だけど、身が締まっていて、繊細な味わいです。この店は、とにかくこのSTRUZZOが面白いぞ。
また挑戦して、極めてみたいです。カルパッチョもあるようだし。

 ご馳走してくれた、山川さん、田中さんに感謝感謝です。楽しい時間を過ごせました。
 本当にありがとう!! Grazie mille!!